冬になると乾燥する頭皮がベタベタして凄くかゆい原因と④つの対策

投稿日:2017年3月14日 更新日:

 

冬の季節になると何故かお肌が
乾燥してカサカサになりませんか?

 

食器洗いなど、水によく触れる手は
ハンドクリームが無いとガサガサに
なってしまう人も多いですね。

 

あなたの頭皮にも冬の乾燥は
容赦なく襲ってきます。

 

頭皮が乾燥するとすごくかゆくなりますね?

 

かゆさって我慢するのが難しく、
寝てるときに無意識の内に掻いてしまうこと
もしょっちゅうあります。

 

そうやって掻いてしまうと
ある日フケが出てきてたり
指に血が付いてるなんてことも・・・。

 

冬の季節だけ乾燥してフケに悩まされたり
かゆくなったりする人もいます。

 

でも冬以外は平気。
だから冬が終わるまで
去年と同じように我慢しよう・・・

 

って、それちょっと待った!

 

お肌は一度トラブルを起こすと
治るまで相当時間が掛かります

 

ニキビが1日や2日で治らないのと一緒で、
頭皮も異常があればすぐに対策をとらないと、
あとで薄毛ハゲの原因になります!

 

薄毛やハゲはフケを止めたり、
頭皮の乾燥を防ぐ以上に大変ですよ?

 

まずは冬の乾燥の原因を知ろう!

冬になると肌の乾燥が激しくなりますが、
その原因は主に”気温・湿度の低下”です。

 

冬なので気温が下がるのは当たり前ですが、
実は湿度もガッツリと低下します。
夏場には70%を超えるムレムレな環境が、
冬は40%以下でカラカラになります。

 

冬に湿度が下がるのは
気温が下がると空気中の飽和水蒸気量が減る”から

 

これだけだとさっぱりわかりませんよね(^_^;)
ざっくり言うと、空気中にどれだけ水分が
存在できるかは気温によって変わります

 

気温が高いとよりたくさんの
水分が空気の中に存在できます。
その逆で気温が低いと少ない
水分しか存在できません。

 

なので昼間に気温が上がって夜に冷え込むと
結露を起こすのは、高い気温のときに空気中
に存在していた水分が低気温になって空気中
から溢れるからなんです。

 

だから冬場の湿度が下がるのは自然なこと。
大切なのは”冬の乾燥に対して僕たちが
どのような対策をとるか”です。

 

頭皮もカラカラ・・・でもなんでベトベトになるの?

乾燥と聞くとカラカラになるイメージなのに、
頭皮はベトベトだったりします。
なんでカラッカラッに乾燥しているはずの
頭皮がベトベトするんでしょう?

 

理由は”乾燥から頭皮を守るために毛穴から
分泌される皮脂の量が増えるから”です。

 

脂が増えれば頭皮はどんどんベタベタしていきます。
そして皮脂が酸化して嫌な臭いの原因となり、
毛穴が詰まればターンオーバーの周期が乱れます

 

毛を作り出す毛母細胞には栄養が
行き渡らなくなり、髪は抜け落ちて
ハゲへとすすむ悪循環の道の出来上がりです。

 

当然ここまで悪化すればかゆみはもちろん、
炎症からカサブタフケ、そして脂漏性皮膚炎
なる可能性も高くなってかなり危険!

 

次にご紹介する対策をして、
冬の乾燥に負けないようにケアして行きましょう!

 

冬の乾燥する頭皮を守ろう!かゆみとフケからサヨナラする④つの対策

実際に僕が行っているカラカラの冬場を
乗り切るための④つの対策をご紹介します。
この方法で、悩まされていたかゆみフケ
驚くほど減ったので、ぜひお試しください。

 

「ちなみに僕は冬場だけじゃなく
オールシーズンで対策を続けています。」

 

対策①:保湿成分たっぷりの低刺激シャンプーを使う。

何も対策してなかったころは、市販の
ドラッグストアに売っている「ヴィダ◯・サ◯ーン」
や「パ◯テーン」などを使っていました。

 

しかし、これらのシャンプーは冬の乾燥に
負けてしまう敏感肌の僕らにとって、
刺激も洗浄力も強めになっています。

 

これでは皮脂を根こそぎ洗い流してしまったり
洗い残しによって炎症を起こしかねません!

 

また保湿効果のある成分はほとんど入ってないので
シャンプーした後はカラカラに一直線。

 

そこで保湿成分がたっぷりの
低刺激アミノ酸シャンプーに切り替えたのです。

 

こちらは自然から抽出できる保湿成分を
配合していて頭皮の乾燥を防いでくれます

 

僕のような敏感肌で頭皮にカサブタや
ボコボコがある人でも安心して使えるように、
低刺激シャンプーはなんどもパッチテストを
繰り返して肌に異常が出ないか厳しくチェック
されています。また無添加にこだわり、頭皮を
傷めるような成分が入っていないのもポイント。

 

僕が使っている低刺激シャンプーについて、詳しく知りたい人は公式ホームページを見てみて下さい⇒頭皮にやさしい「すこやか地肌美容液シャンプー」

 

対策②:シャンプー時の洗い方

シャンプーをする時は、指の腹で
優しく包み込むように頭皮を洗います
最初のすすぎ洗いで8割の汚れが落ちているので、
あとはシャンプーの泡の洗浄力で十分頭皮についた
汚れを落とすことが出来ます。

 

一見、指でゴシゴシすれば頭皮や髪の毛のベトベト
が落ちるように感じますが、それは勘違いです。
頭皮を強くこすれば角質はダメージを受けて
はがれ落ちます

 

そうなるとよりいっそう頭皮は乾燥して、
それを防ぐために皮脂が出てきて”ベトベト”が
ベトベトベト”になるので注意しましょう。

 

シャンプーの泡を流すときも、サラッと泡だけ
落とすんじゃなくて、シャワーのチカラでゆっくり
と時間をかけて流しますシャンプーの成分が頭に
残ったままだと皮脂の詰まりなど大変な事態に!
僕は3〜5分くらい流すのに時間をかけています。

 

対策③:ドライヤーを使った乾かし方

まずはじめに”自然乾燥は絶対にダメ”です。

 

自然乾燥がなぜダメなのか、
理由は以下の4つです。

 

1.頭皮の雑菌が繁殖して臭いやかゆみの元になる。

2.キューティクルが開いて剥がれ落ちやすくなり、髪の傷む原因となる。

3.濡れた髪のまま寝ると、寝癖がつきやすくなる。

4.頭皮が冷えるので血行が悪くなり、ターンオーバーの周期が乱れる。

 

ドライヤーを今まで使ってなかった人にとっては
少し面倒くさいと思いますが、これだけの
デメリットがあって、自然乾燥を続ける理由は
ありません!今日から絶対にドライヤーで
乾かすようにして下さい!

 

乾かし方は簡単です。
まずはしっかりと濡れた髪の毛を
乾いたタオルで拭いて水分をとります

 

このときも髪の毛や頭皮をゴシゴシしないように
して下さい。最初は髪の根元の水分をとるように
そして毛先へと移動していきます。ある程度の
水分がとれたところでドライヤーの登場です。

 

ドライヤーでの乾かし方もタオルドライする時
と同じように毛の根元からスタートします。
根本を乾かしてから徐々に毛先を乾かすように
ドライヤーを動かします

 

ドライヤーの熱はかなり強力なので頭から
約20センチくらい離して、一点集中しない
よう絶えず動かしながら使うのもポイント。
毛先をワシャワシャ動かすときに頭皮をこすらない
ように注意しながら乾かしていきましょう。

 

対策④:余裕がある人は頭皮用美容液を使うのもおすすめ!

頭皮用美容液頭皮を保湿するため
専用美容液です。女性がお風呂あがりに
肌パックをしたり、化粧水や乳液で肌ケア
をするのと一緒で、この美容液を使うことで
頭皮を乾燥から守ることができます

 

中身はオイルのようにドロッとしていてオイル
みたいな感じです。これをタオルドライした後
に頭皮に塗り込みます。それからドライヤーで
塗り込んだ美容液もしっかり乾くまで丁寧に
ドライします。

 

美容液はほぼ無臭なので頭につけても全く気に
なりません。アフターケアなので保湿が長い時間
キープされるのは効果絶大です。

 

今までの習慣のプラスアルファになるので、
すぐに頭皮を保湿したい人や余裕がある人は
ぜひ試してみて欲しいと思います。

 

僕が使っている頭皮用美容液について、詳しく知りたい人は公式ホームページを見てみて下さい⇒頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

 

まとめ

上記が頭皮を冬の乾燥から守りベトベトと
かゆみを治すのに効果的な対策です。

 

これ以外にも生活習慣の見直しをすることで
より早く症状を治すことができます。
例えば”睡眠時間をしっかりとる”ことや”
頭皮に良く働くビタミンを摂取する”ことです。

 

やらないよりやったほうが良いですが、
生活習慣を見直してすぐにかゆみや
ベトベトが治るとは言えません。

 

肌の悩みとオサラバするにはとにかく
時間がかかるので、これらの症状に
悩んでいるなら早めに対策をしましょう!

-頭皮のお悩み

Copyright© フケを止める方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.