フケを止める方法

このサイトではフケが止まらなくて悩むあなたに
『フケを止める方法』をご紹介します。

 

頭が痒くてポリポリ掻くとパラパラと白い粉が机の上に…
いくら気をつけていても肩にフケが乗っかっている…
こんなことが何年もあなたを苦しめ続けていませんか?

 

フケがあると色々なことにとてもデリケートな体質になります。周りの目がとても気になったり、頭にばかり注意を払うようになります。

 

それはとてもストレスで、あなたのフケ症状だけじゃなく健康にも大きな影響を及ぼしかねません!僕も今、フケの症状が出てきて悩んでいる内の1人です。毎日仕事の都合上ジェルを使って髪の毛をガチガチに固めているのですが、仕事中少しでも汗をかくと…

 

頭が痒い

 

後頭部やおでこの生え際にニキビのようなものができはじめ、頭頂部は髪の毛の分け目から地肌がポロリ…M字の生え際も上がってきているように見えます。

 

 

休日の昼下がりにお外に出掛けて汗を掻くとまた痒みが…仕方ないからポリポリ掻いてみるパラパラとフケが落ちてきました。

 

まだ25歳なのに頭皮の環境は恐らく最悪でしょう。このまま放置すれば順調にハゲへの道を歩んでしまいます。

 

フケを止める方法』は無いのでしょうか?

 

恐怖心と好奇心から『フケを止める方法』を自分なりに調べてまとめてみました。
現在実践中ですが、前にように頭をちょっと掻いただけではフケは落ちてこなくなりました

 

なので今回は僕なりにフケについて調べた内容といま実践している『フケを止める方法』をご紹介します!

 

何で冬でもないのに雪が降り積もるの?(T_T)

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず!

 

ということで、まずはフケについて色々と調べてみました。フケというのはいわゆる頭皮の死骸です。

 

角質層が剥がれ落ちたものとも言われます。

 

僕たちは頭の先から足の指先まですっぽりと皮膚に覆われています。皮膚というのは肌を正常に保つためにある一定の周期でターンオーバーしています

 

ターンオーバーというのは別名で『新陳代謝』とも言います。生まれ変わるイメージを持っていただくとわかりやすいですね。

 

髪の毛が抜けてはまた生えてくるように、肌も古く汚れた皮膚を剥がし内側で整えられた健康な肌が現れます。

 

頭皮も例外なくターンオーバーしていてその周期は大体1ヶ月から1ヶ月半と言われています。

 

健康な頭皮の人は頭を洗う時に古い皮膚も一緒に洗い流しているので日常生活でフケが落ちてくることはあまりありません。

 

しかし、僕達のようにフケに悩まされている人は頭皮の状態に悪い影響が与えられている可能性が非常に高いです。

 

そのため頭皮のターンオーバーの周期が乱れ、頭皮から潤いが失われ、乾燥しやすくなりポロポロと古くなった皮膚が日常生活でも剥がれ落ちてしまいます

 

これが『乾燥フケ』と呼ばれるものになります。詳しくは後ほど解説します。

 

頭皮に悪い影響を与えているものは何だろう?

 

まず考えられるのは『生活習慣の乱れ』です。

 

お肌のトラブルとフケの発生は切っても切れない関係です。

 

ニキビに悩まされている人でも生活習慣を変えるだけで劇的にニキビが出来にくくなる人がいます。

 

『生活習慣の乱れ』というのは

 

睡眠不足

偏った食生活

過度のストレス

 

これら3つが主な原因になります。

 

睡眠不足はどうすればいいの?

 

睡眠不足は適切な睡眠時間を確保すれば解決できます。

 

寝る前にスマホでFacebookやTwitterをcheckするのは辞めて下さい!

 

ブルーライトを浴びすぎて疲れ目になるばかりでなく、睡眠の質も落ちるそうです。

 

スマホをいじらず目を閉じて睡魔が襲ってくるのを待ちましょう。

 

最低でも6〜8時間の睡眠を毎日心掛けて下さい。

 

偏った食生活を治すには?

 

偏った食生活は普段の食事を今一度振り返ってみてください。

 

お肌にとても良い栄養はビタミンB群です。たまごや牛乳、マグロの刺身などに多く含まれています。

 

ビタミンB群は頭皮の新陳代謝を正しい状態に戻す働きがあります。

 

また、お肉や魚などから摂取できるコラーゲンは頭皮の真皮を作り出す主成分となっていて、頭皮の保水性を上げる大きな役割をしています。

 

実は今ご紹介したコラーゲンやビタミンB群の食品は日常よく食べられているものに自然と含まれています。

 

変に意識すること無く、あくまで『栄養のバランスの取れた食事』を取ることが重要です。少し食生活が偏っているなと感じているならすぐに改善するように心掛けましょう。

 

過度のストレスを受けないためには?

 

過度のストレスを受ける原因は人それぞれ違います。まさにフケによって他人の目が気になるというのも立派なストレスの原因ですね(-_-;)

 

「仕事中スーツの肩の部分にフケが落ちてないか常に気になる

「どうしても頭が痒くなっちゃうけど、頭を掻いたらフケがパラパラこぼれ落ちるんじゃないか…他人から見たらどう思われるんだろう?」

「毎日しっかりお風呂は入っているのに《お風呂に入ってない人》と勘違いされるんじゃないか」

 

こんな心配事は日常茶飯事のように僕達の頭を駆け巡ります。そしてこの心配事による過度のストレスが更に頭皮環境を悪化させてフケを増殖させているんです!

 

ではどうしたら気にならなくなるのか?
それは『フケを止める方法』を実践するしかありません。

 

そして「今自分は『フケを止める方法』を実践している最中なんだ。昨日の自分より今日の自分のフケは少し減っているんだぞ!」

 

と自分に言い聞かせるように自信”を持つことが重要です。

 

あなたはこのサイトに訪れている時点で、フケを止めようと改善の道を探っています。これは立派な”努力だと僕は思います。努力は必ず報われると信じていますし、どんな形であれ努力を続けていれば今より悪くなることはありません。

 

そして唯一『フケを止める方法』があるとすれば、フケを止めるための努力を続けた人がそれを手に入れることができます。

 

自分が今努力していることに自信を持って前を向いて毎日を過ごしましょう

 

フケの種類を知ろう!

 

一般的に”フケ”と呼ばれているものは医学的用語だと「頭部粃糠疹(とうぶひこうしん)」と言います。フケは漢字に直すと「頭垢」、つまり文字通り”頭”の”アカ”ですね。

 

フケ

 

 

僕は先程人間の身体は肌ですっぽり覆われていると書きました。では、あなたの腕や足からフケのような白い粉状の物体は落ちてきますか?

 

もしあなたが一般的なフケに悩まされているのであれば、腕や足からフケは発生してないと思います。

 

もし発生しているとすればそれはまた別の病気の可能性がありますので、当サイトの内容をすっ飛ばしてすぐに皮膚科を受診しましょう。

 

では同じ肌なのに頭からのみフケが発生するのどうしてでしょうか?

 

その理由は「頭皮には毛穴や汗腺がたくさんあるから」です。この説明だけだといまいちピンっと来ませんよね?

 

毛穴はもちろん僕達の髪の毛が生えている根本の部分です。そして汗腺と言うのは汗が出る部分です。

 

汗腺が汗を出す一番の目的は体温を調節するため

 

人間の身体は濡れた状態だと急激にその体温を奪われます。プールや海で泳いだ後に水から出るとすごく寒く感じるのはそのためです。同じ格好をしていても身体が濡れているかどうかで体温はかなり変わってきます。

 

そして次に汗腺からは皮脂というものが出てきます。

 

皮脂は皮膚の上で膜上に広がり皮膚を覆い、水分が逃げ出してしまう(蒸発)のを防ぐ役割があります。また埃や塵、微生物などの肌の外敵から守るための役割も担っています。

 


頭皮は頭なので最も外気に触れてしまう場所であり、塵や埃、紫外線などの影響を受け易い
です。

 

それに加え沢山の毛穴が密集しているため、腕や足等の他の肌の部位と比べて蒸れやすく、水分が逃げてとても乾燥しやすい環境だと言えます。

 

そして過剰に乾燥してしまうと、それを肌が防ごうとして皮脂の過剰分泌など肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

女性が顔に保湿クリームを塗って乾燥を防ごうとしているのは、こういった肌トラブルを避けるためなんですね。実際しっかりとケアを行っている女性の肌を見ると肌トラブルは少なく、白くキメの細かい美しい肌が形成されています。

 

ここまでお読みいただければ、ほんの少しですが肌や皮脂、そして頭皮についての知識が身に付いたと思います。

 

ここでやっと『フケ』の話が出てきます。

 

フケは一般的に「乾燥フケ」と「脂性フケ」の二つに分けられています。

 

そのうち最も多く人を悩ませているのは「乾燥フケ」と呼ばれるフケです。因みに僕のフケはどちらかと言えば「脂性フケ」に入ります。

 

乾燥フケとは?

 

 

頭皮が乾燥しすぎてしまい、頭皮の新陳代謝が正常に行われずポロポロと剥がれ落ちてきてしまうフケのことです。

 

カサカサに乾いたフケが落ちてくるというのであれば恐らくそれは『乾燥フケ』です。

 

最初に原因とした『生活習慣の乱れ』に加え、洗浄力の強すぎるシャンプーを使い、間違った洗い方で頭皮に負担を掛けて、皮脂を根こそぎ洗い流していることが原因となっている可能性が高いです。

 

脂性フケとは?

 

 

頭皮に垢や皮脂などが溜まり、それがフケとなります。

 

油っぽいので頭を洗う際にシャンプーでガシガシと洗う人が多いですが、先ほどお伝えしたとおり、肌は正常な状態に戻ろうとする機能があります。

 

つまり、油を取り除こうと必要以上に頭を洗ってしまった結果、皮脂が足りないと判断した頭皮が沢山の皮脂を分泌してしまい、垢や過剰分泌された皮脂と混ざり合って脂性フケになってしまうのです。

 

それ以外の可能性は?

 

上に挙げたフケの種類以外にフケの原因となり得る症状

 

・アトピー性皮膚炎
・シラミ
・乾癬
・脂漏性皮膚炎

 

・アトピー性皮膚炎

いわゆるアトピーです。
アレルギーにより皮膚が炎症を引き起こすもので、炎症の起きている部分がとても痒くなってしまいます。

 

・シラミ

毛根の付け根に卵を産み付ける嫌なヤツです。その死骸は白く、まるでフケのような見た目なのでよく見間違えられます。

⇒頭皮のかさぶたの原因やアタマジラミについての情報をまとめた記事はこちら

 

・乾癬

人口の1000人に2−3人ほどの確立で発症する慢性的な疾患です。頭皮にフケやかさぶたが出来てしまい、皮膚が炎症を起こす細胞のせいで赤くなってしまいます。

 

新陳代謝も通常の10倍以上の速度で行われ、古くなった皮膚は当然剥がれ落ちるので、それがフケを作り出す原因となってしまいます。

 

・脂漏性皮膚炎

HIV/エイズや免疫系の疾患などにより引き起こされる病気です。

 

脂性フケの人が実は脂漏性皮膚炎だったというケースもありますが、かなり稀なケースです。実際はただの脂性フケだったというオチが多いです。

 

もしフケを止めるための努力をしているのにも関わらず、フケが一向に改善されない場合は上記のような病気の可能性も考えられます。病院で一度検査を受けてみるということも選択肢の一つとして考えておいて下さい。

 

しかし「頭皮に異常はなく、普通の人より多めにフケが発生しています」と診断されたのであれば、それは”ラッキー”です。

 

病院からもらった治療薬では改善されなかった人も、診断結果には素直に喜びましょう!
なぜなら、ただのフケならば『フケを止める方法』を試してみる価値があるからです。

 

すぐに取り組める『フケを止める方法』

 

まず最初に一つお伝えしておきます。フケの発生原因は人によって様々です。また、今からお伝えする方法でフケが100%止まるというものではありません。

 

それでも取り組むのと取り組まないのでは天と地ほどの差があると思います。効果の現れない方法を試したら、改善されなくても「その方法は自分には効果がないということを知ることが出来ます

 

そういった経験を重ねることで一歩ずつ確実に『フケを止める方法』に近づいていきます。

 

では言ってみましょう!

 

あなたに取り組んでいただきたい事は

 

使っているシャンプーの見直し

シャンプーする時の洗い方

シャンプーをする頻度

シャンプー後のアフターケア

 

これら4点です!

 

『使っているシャンプーの見直し』

 

あなたが今使っているシャンプーは何ですか?一般的に市販されているシャンプーの中から自分にあったものを探していませんか?

 

シャンプー選びの基準は人それぞれですが、シャンプー後の匂いや髪の毛のツルツル具合などを基準にして、色々なシャンプーを試して気に入ったものを見つけてる人が多いと思います。

 

しかし、市販されているシャンプーのほとんどは、頭皮にトラブルを抱えている人に向けて作られてる製品ではありません。なるべく多くの人が満足するように強い洗浄力を持ったシャンプーの可能性が高いです。頭皮環境が正常な人には問題ないものでも、僕たちのようにフケが発生するような頭皮を抱えている場合、強い洗浄力で頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまう危険があります。

 

フケを止めるためのシャンプー選びでは次の3つのポイントをクリアしているシャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

1.アミノ酸系シャンプーである。

2.有効な保湿成分が多く配合されている。

3.シリコンなどのコーティング剤が配合されていない”無添加”である。

 

アミノ酸系シャンプーってなに?

 

天然の物を原材料にして作られた皮膚への刺激が少ない弱酸性のシャンプー。アミノ酸系以外のシャンプーと比べても保湿性が高く、頭皮や髪に潤いを与えてくれます。

 

有効な保湿成分とは?

 

自然の植物などから抽出することが出来る保湿成分。それらを配合することによって、頭皮にダメージを与えること無く自然の力で潤いをキープします。

 

シリコンやコーティング剤入りシャンプーがあまり良くない理由

 

コーティング剤とは髪の毛のキューティクルを覆い、サラサラな髪の毛を”演出”する成分のことです。その中でも多く使われているのがシリコンです。

シリコンはキューティクルに吸着し髪の毛全体を覆ってしまいます。覆われた髪の毛は外部から栄養を吸収出来なくなるばかりか、呼吸も困難になります。そしてシリコンの特性として”撥水性”というのがあります。潤いに大切な”水分”までも弾いてしまうこの特性は、もちろん頭皮に付着しても同じく水分を吸収させること無く弾いてしまうので注意が必要です。

 

上の3つのポイントに、今あなたが使っているシャンプーは当てはまっているかチェックしてみましょう。当てはまっていないポイントがあれば、それは”シャンプーの見直し”が必要かもしれません。ポイントを押さえたシャンプーを使って、フケやかゆみの原因を一つでも減らしてみましょう!

※僕が今使っているシャンプーはコチラです。

 

『シャンプーの洗い方』

 

洗い方もとても重要です。特に今までフケを止めることに必死だった人は注意して下さい!

 

今までは

フケが出るのは頭がまだ汚れてるからだ。いつもよりしっかり洗えばフケも出ないはず!

と思いながら”ゴシゴシ”いや”ガシガシ”洗っていませんでしたか?

 

これは大きな間違いです。

 

確かにガシガシ洗うことでその時頭皮に付着している汚れは根こそぎ洗い流す事ができます。

 

しかし、それと同時に必要以上に大事な『皮脂』をも洗い流しているのです。それが何故ダメなのか。ここまで読んでいただけたあなたならお分かりいただけますね?

シャンプーの成分が頭皮に付着したままだと、皮脂の分泌に異常が起きたり毛穴が詰まって菌が繁殖する可能性が上がります

 

基本は優しくです。
最初に頭をシャワーで流すと思いますが、実は水の力で頭に付着する汚れの8割程度は流されてしまいます。残った2割の少し頑固な汚れをシャンプーの力を借りて取り除くイメージです。

 

洗う時は爪を立てずに指の腹で頭皮を揉むように軽く丁寧に洗って下さい。そしてシャンプーを流す際は洗った時の倍の時間を掛けて、シャンプーの成分が頭皮に残らないようにしっかりと洗い流すことが大切です。

 

『シャンプーをする頻度』

 

これも「頭皮が汚れているから、汚れやすいから、フケがまた出てきてるから」などの理由で1日に何回も頭を洗う人がいます。

 

しかし頭を洗うのは1日1回で十分です。

 

コレも先ほどとまったく同じ理由で、必要以上に頭を洗うことで皮脂が根こそぎ失くなるからです。

 

また逆に頭を洗う頻度を抑えたほうが良いという意見もありますが、そうすると次は汚れが溜まっていくのであまりオススメは出来ません。

 

せめて頭は毎日洗い、シャンプーを使用する頻度を下げるという方法は試してみてもいいかもしれません。

 

僕はシャンプーの頻度を気にするくらいなら先ほど紹介した低刺激性のシャンプーで毎日しっかりシャンプーをします。

 

『シャンプー後のアフターケア』

 

シャンプーをして、お風呂場から出たら僕はすぐに”あること”をします。

 

それは『頭皮用の美容液を塗る』ということです!

 

女性がお風呂あがりに肌のお手入れとして化粧水や美容液を塗るように、頭皮にも専用の美容液を塗ってあげます。

 

お風呂あがりにすぐ肌のお手入れタイムに入るには理由があります。

 

1つ目の理由は「お風呂から上がった後30分ほどすると、お風呂に入る前よりも身体の水分が抜けていく超乾燥状態に陥るから」です。

乾燥が頭皮には良くないということは再三お伝えしていますが、その超乾燥状態を乗り切るために美容液を使用します。

 

2つ目の理由は頭皮に潤いや栄養を与えるには少し湿り気のあるお風呂あがりがベストなタイミングだから」です。

これは乾いたスポンジに水を与えるよりも、ちょっと濡れているスポンジに水を与えたほうがより吸水するのと同じで、肌が少し湿っている状態で美容液を与えることで、乾燥している時よりも遥かに効率よく潤いと栄養を与えられます

 

⇒僕が使用している頭皮用の美容液はコチラです。

 

初めて頭皮用の美容液があることを知って驚きました!「頭皮に美容液なんて…ましてや男なのに」と最初は半信半疑でしたが、意を決して購入してみました。

 

すると使い始めてから2週間ほどで、汗をかくと頭が痒くて痒くて仕方なかったのに、その痒みをあまり感じなくなったんです!

 

以上が現在僕が実践している『フケを止める方法』です。

 

この方法が合わない人もいると思いますが、”逆に”この方法であなたのフケが止まるかもしれません。

 

フケが止まらないとどうなるの?

 

少し先の話をしましょう。

 

フケが止まらないということは、あなたの頭皮環境は悪い状態のままです。

 

このまま頭皮環境の悪化が進むと最悪の場合、薄毛や抜け毛へと繋がり最終的には『脱毛症』もしくは『ハゲ』る原因へとなりかねません。

 

フケが出ている段階の今、頭皮環境の悪化に”ストップ”を掛けることで今後の重大な二次災害が起こるのを食い止めましょう!

 

本気で「フケを止めたい」人へ

 

このサイトを訪れたあなたは少なくとも『フケを止める方法』を探し求めていた人です。

 

まずは『フケを止める方法』に取り組む・継続することから始めてみてください。

 

肌はターンオーバーを繰り返して改善されていきます。通常でも約1ヶ月で1サイクルです。即効薬はありません。どれだけ自分を信じて「フケを止める”努力」を重ねられるかが大切です。

 

僕たちは目に見える効果が現れなければ、すぐに諦めてしまいがちですが、長い目で取り組んでみてから判断することをオススメします。

 

何もしなければあなたの「フケが止まる」事はありません

 

このサイトを参考にしていただいて、1人でも多くの僕やあなたのような「フケに悩む人」が減っていくことを願っています。

 

ぜひ「粉雪」を笑顔で歌えるようになるその日まで一緒に頑張りましょう!

投稿日:2016年2月3日 更新日:

Copyright© フケを止める方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.